FC2ブログ
プロフィール

中小企業マーケティング研究会 代表  中井利夫

Author:中小企業マーケティング研究会 代表  中井利夫
新規開拓 新規顧客獲得 マーケティングに強い中小企業を作るためコンサルティング活動をはじめ現在に至る。
1951年兵庫県生まれ。関西学院社会学部卒業。シャープ株式会社入社。退職後セントウェル印刷株式会社入社。代表取締役社長を約20年務めた後、現在代表取締役会長。
mail=nakai417@gmail.com
http://www.centwell.co.jp/

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

中井利夫の日記です
仕事のこと、思ったこと、何でも書いてみましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチ
大阪府中小企業家同友会 中央南支部の12月例会に出席しました。
その時出席されていて、始めてお会いした人から聞きました。
その方は飲食店(居酒屋)を6店舗とキャッチ(良く路上で客を引っ張っているお兄ちゃん・この場合風俗ではない)の専門会社を経営している24歳の経営者です。
キャッチの報酬は飲食店の売上の25%で40万円の収入を得る子も居るそうです。
それで、居酒屋は早くてそこそこの味であったら良いのだそうで、来年は10店舗作りたいのだそうです。
そういうビジネスモデルもあるのかと感心するやら、どう考えたら良いのか不思議な気分でした。
スポンサーサイト
昨日は、大阪府中小企業家同友会 オンリーワン研究会の勉強会と忘年会に参加しました。
オンリーワン研究会12月例会&忘年会
『今年を振り返り、2011年に臨む学習例会:「KIACの活動とは」』

KIACとは、一般社団法人 関西産業活性協議会です。

http://kiac.hit-run.jp

中小企業の活性化を支援していただける、様々なノウハウを持った企業OBの集まりです。
最近、国・地方自治体・大学を始め様々な団体が、中小企業活性化支援の活動をして下さっていて感謝しなければなりません。
やっと、中小企業の活性化が国の活性化に不可欠である事も理解が深まってきた気がします。うれしい事です。
私たち経営者もまず、自社を強くしていく決意を固め、行動しなくてはならないと改めて思ったことと、様々な支援の為の補助金や施策を個別企業にコーディネートする役割が必要ではないかと感じました。



GoogleとYahoo
グーグルとヤフーの検索エンジンが同じものになると言う話が有って、公正取引委員会なんかの裁定も出ていたようですが、実際には既に先週中にはヤフーがグーグルのエンジンを使ってると思います。現実には当社のホームページのヤフーの検索順位がグーグルとほぼ同じ順位になり、安定しました。以前はヤフーは上がったり下がったり意味のない動きが多かったですが、はっきりとした方向性で順位決定が行なわれるようになったと思います。セントウェル印刷のホームページとしてはとりあえず良いことになるのですが、やっぱり一つの企業がある分野で大きな力を持つ事に対する不安はぬぐえません。人間がすることですからねー

テーマ:経営 - ジャンル:政治・経済

セントウェル印刷へご応募ありがとうございます
最近の学生さんは大変ですね。
今日も、とある総合芸術大学の学生さんからお電話がありました。
「今、応募受け付けていますか?」

面接だけでもしてあげたいのですが、といって「受け付けています」
というのも,嘘になるし。

来年の春になればどうなっているか分からないのですが、今は受け付けていないのも事実。

セントウェル印刷は頑張って新卒の皆さんを1人でも多く採用できる会社になります。

テーマ:経営 - ジャンル:政治・経済

谷町6丁目に稲穂が
谷6に稲穂が

谷町6丁目に有るお得意様http://www.wa-so.co.jp/pc/に訪問しました。
何と、大阪の町のど真ん中 谷町6丁目に田んぼが!!
周りには畦もあって、そこには枝豆までが植わってます。
感動ですね。

この会社の人は遊び心一杯なんでしょうね。一度一杯飲みたいものです。

さて、今日の一言

顧客獲得について重要な点がある。
販売コストである。
販売コストといっても、三つのコストがある。
まず、見込み客を集めるコスト。その見込み客を成約するコスト。
この二つのコストを合計したものが、新規顧客を獲得するためのコストである。
そして三つ目のコストは、、既存客に販売するときに必要なコストである。
重要なポイントは、新規顧客に対して販売するコストは、既存客に販売するコストの
約6~10倍のコストがかかるということである。

神田昌典 『小予算で優良顧客をつかむ方法』より



テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。